The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
3) $paginate_current_page = 3; $paginate_sections = array( 0 , 8, 16, 22); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 22; } $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>
March 18, 2008

弥生

編集

SONY α700 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT 16-80 F3.5-4.5

SONY α700 + KonicaMinolta AF MACRO 100mm F2.8(D)

若干時期を逃した感が強いですが、3月と言えば梅と雛人形ですね。そろそろ桜の足音も聞こえてくる頃でしょうか。
4月からの新生活に向けて、引っ越しの準備で大忙しです。

写真   

投稿者 waku : 08-03-18 17:11 | 写真 | コメント (4)

May 07, 2006

超広角で見る平安神宮

編集


KonicaMinolta AF 11-18mm F4.5-5.6(D)

この日、平安神宮では「紅しだれコンサート2006」という催しがありました。平安神宮の春の名物である紅枝垂桜を鑑賞しながら、有名アーティストによる生演奏を堪能するという優雅なものです。

コンサートが始まるのは日が落ちてからなのですが、一足先に中をうろうろしてみました。

それでは、神宮境内へお入りください。

まもなく、紅枝垂桜のライトアップが始まります。

(次回へ続きます)

写真   

投稿者 waku : 06-05-07 22:51 | 写真 | トラックバック (0) | コメント (6)

May 05, 2006

子供の日

編集


Tamron SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] Macro (A09)

夕日を浴びた鯉のシルエットがとても印象的でした。

〜 おまけ 〜

大阪に戻ってきてから久しぶりのサイクリング。この日は晴れ時々曇りのお天気でとても走りやすく、サイクリングの楽しさを再認識できました。

2,3枚目の暴れる鯉を撮るのは本当に大変でした。躍動感を出すためにシャッター速度を1/6秒前後まで遅くして撮る必要があるのですが、この時はまだ日が高く、シャッター速度を遅くすると絞りをF32くらいまで絞らないといけませんでした。デジタルでは絞りを極端に絞ると回折によって解像度が低下し、更にはCCD上のゴミが写ってしまいます。しかし、NDフィルタなど気の利いたフィルターは持ち合わせていなかったため、仕方なく後でレタッチでゴミを修正する羽目になりました。

上の鯉のシルエットと、鯉が映ったサングラスは父親のアイデアです。父親も写真好きでブログを持っていたりしますが、今のところは伏せておきます^^

写真   

投稿者 waku : 06-05-05 17:00 | 写真 | トラックバック (0) | コメント (8)

お久しぶりです

編集

前回の更新から3週間くらい間が空いてしまいました。いつもご覧戴いている方々、コメントを下さっている方々にはなんともお詫びのしようがありませんm(_ _)m
しかし、何はともあれGWです。今日はちょっとばかし更新して、また皆様のところに遊びに行けたらと思っています。

写真   

投稿者 waku : 06-05-05 16:47 | 写真 , 日常 | トラックバック (0)

April 14, 2006

京都醍醐寺 〜舞楽〜

編集


Tamron AF 70-300mm F4-5.6 LD MACRO

満開の桜の下・・・

「我は舞う。」

というわけで、醍醐寺ではこのような舞楽などが披露されていました。
次回は平安神宮の昼夜の様子を掲載予定です。

写真   

投稿者 waku : 06-04-14 01:08 | 写真 | トラックバック (0) | コメント (10)

March 27, 2006

さらば名古屋

編集


KonicaMinolta AF 11-18mm F4.5-5.6(D)

昨日、無事引越しが完了しました。
この地で知り合った人々ともお別れだと思うと、無性に寂しさがこみ上げてきます。

引越し先は大阪の実家です。4月から京都にある大学院に通います。
一先ず、まだ山積みの段ボール箱、これをなんとかしないことには新しい生活を始められませんが、幸い入学までまだ時間があります。のんびりまったりとやっていくつもりです。

写真   

投稿者 waku : 06-03-27 16:46 | ご案内 , 写真 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (4)

March 21, 2006

超広角 de 駅ビルスナップ

編集


KonicaMinolta AF 11-18mm F4.5-5.6(D)

この駅、どこだか分かりますか?
天井がとっても高い駅です。

右のエスカレーターは駅ビルの最上階までずーっと続いています。

むむ、後に見えるタワーは・・・?

そう、ここは京都駅です。

最初の2枚は両肘を手すりの上に置いて撮ったのでスローシャッターでもくっきり綺麗に撮れました。一方、その他の写真は壁にもたれかかって撮ったのですが、1秒近いシャッター速度のため微妙に手ブレしているものもあります。京都駅は観光者が多いので、カメラを持って撮影していても怪しまれる心配はありません。なお、フレアはレンズ保護フィルターによるものです。


4月から大阪の実家に戻ることになり、引越しの準備や身辺整理等に追われています。楽しみにしていた梅見にも結局行く時間がありませんでした。
なかなか皆さんのブログにお伺いすることもできず申し訳ありませんm(__)m
今日は京都に用事があって、名古屋〜京都間を日帰りで往復しました。kiuさんと被っちゃいましたが、観光ではないので、写真が撮れたのは夜の駅ビルだけと寂しいものです。それでも得られたものは多く、行って良かったと思いました。

写真   

投稿者 waku : 06-03-21 01:12 | 写真 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (14)

February 17, 2006

名古屋栄2

編集



KonicaMinolta AF 11-18mm F4.5-5.6(D)

以前も名古屋栄でテレビ塔を撮ったが、今回は11mm(35mm換算16.5mm)の超広角で望んだ。
やはり超広角は面白い。
テレビ塔がつま先から天辺まで全部入るし、オアシス21だって大迫力である。

以下恐竜が栄を侵略の図↓


ギャース!


ギャースギャースギャース!

・・・・・・。

写真   

投稿者 waku : 06-02-17 21:43 | 写真 | トラックバック (0) | コメント (4)

February 13, 2006

デコポン

編集



AF 100mm MACRO F2.8(D) + C-PL

最近超広角ばかり使っていたので、久しぶりに100マクロを持ってうろうろしてみた。
やはりこの季節、ぱっと目を引く鮮やかな花なんてないなぁ、と思っていたらデコポンが生っていた(^-^
青い空の下、強い日差しを浴びて、他のどんな草木よりも輝いていた。


本日、やっと研究発表が終わりました^^
これで当分はいつものペースで写真を載せていけるのではないかと思います。
自転車ネタも投入していきますんで何卒よろしくm(__)m

写真   

投稿者 waku : 06-02-13 21:27 | 写真»草花 , 写真 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (4)

January 28, 2006

名古屋能楽堂にて

編集

300mm 1/5sec f5.6 ISO400 ゲインアップ

100mm 1/50sec f2.8 ISO400 トリミング&ゲインアップ

1月8日、友人に撮影を頼まれて名古屋学生能楽連盟第50回学生能・狂言の会というのに行ってきた。 能の舞台を見るのは初めてで、内容を予め聞いていなければどういう展開をしているのか全く分からなかっただろう。皆、表情は真剣そのもので見ているこちらも緊張してしまった。

当日三脚を忘れてしまい、タム70-300mm(暗い)とミノ100マクロを使い分けながら壁や柱で防振しつつ撮った つもりだったのだが、帰って見てみると手ぶれ写真を量産しててがっかり!能楽部の方スイマセンスイマセン(T-T)

以下扇対決(嘘)

100mm 1/30sec f2.8 ISO400 トリミング&ゲインアップ
童子「え〜〜〜い!」

100mm 1/30sec f2.8 ISO400 トリミング&ゲインアップ
坂之上田村麻呂「そんな攻撃が俺様に通用するかっっ!たぁ!」

ごめんなさい。本当はこんなこと言いません。

実際はもっと素晴らしい演技でした。

写真   

投稿者 waku : 06-01-28 15:47 | 写真 | トラックバック (0)

December 22, 2005

星が丘

編集


AF DT 18-70mm F3.5-5.6(D)

名古屋がうん十年ぶりに大雪になった18日、ちょっと用事があって車で星が丘まで行ってきた。

流石にこの時期は至る所でクリスマスのイルミネーションが行われており、人は少なくとも街は華やかだ。
今にもサンタが街にやってきそうである。

花屋のスノーマン。両手に花とはこのことだろう。

用事を済ませて、ついでに東山スカイタワーを下から撮影。万博の影響で有料化された駐車場も、この時間帯(17:30〜)は無料開放されているのだ。スカイタワーにもクリスマスツリーが浮かび上がっていた。

と、ここまでは順調だったのだが帰りはノーマルタイヤで雪道を帰る羽目になり

超恐かったよー(T_T)

名古屋でこんな大雪が降るのは皆慣れていないのか、道路を走る車はやはりノーマルタイヤが多く、時速20kmくらいでのろのろ走行。放っておくと路面にどんどん雪が積もるので、できるだけ車の多い道を選び、先頭車に続いてのろのろと帰宅した。今年はチェーンかスタッドレスタイヤが必須だ。

写真   

投稿者 waku : 05-12-22 20:30 | 写真 | トラックバック (0) | コメント (7)

December 02, 2005

養老の滝を求めて part 4

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

いつもマクロばかり撮っているのではなく、今回は道行く人も撮影した。
このくらいのサイズなら個人が特定できないと思い、恐る恐るアップしてみた。
とはいえ、メインはやはり紅葉。その場の雰囲気を少しでも感じていただけたら。


AF DT 18-70mm F3.5-F5.6(D)

養老公園内の橋からの風景。このレンズ、広角側は見た目以上に周りが広く写るので面白い。ただ、100mmマクロと比べちゃうと画質はちょっとアレなので、今回も出番が少なかった。タムの70-300mmは重いので家でやっぱりお留守番(^^;


今回持っていった撮影機材リスト




(まだ続きます)

写真   

投稿者 waku : 05-12-02 19:19 | 写真»草花 , 写真 , 写真»風景 | トラックバック (0) | コメント (6)

November 09, 2005

愛工大図書館

編集

KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

今日は久しぶりの更新になるのだが、また前撮った写真を引っ張り出して来た。

以前、愛知工業大学付属図書館に行く機会があった。ここの図書館は本の数も豊富で設備も素晴らしい。

カション!とシャッター音が元気なαSDは図書館では迷惑だが、たまたまこのフロアに誰もいなかった為気兼ねなく撮影できた。

一枚目の写真は電動式書架、二枚目は手動式書架である。

電動式はボタンを押すと棚が動いて隙間のある場所が変わるので、もし人が中にいたら・・・と思うと気が気でない。安全装置は付いているのだろうか?


2週間前に修理に出してから、依然として帰ってこないαSDと100mmマクロ・・・。Web上から調べられる修理完了予定日を見てもとっくに過ぎている。そこでサポセンに問い合わせたところ修理が遅れているようで、帰ってくるのは10日になるとな。遅れるのは構わないが、そうならそうときちんと客に連絡を入れて欲しいものだ。

コニミノと言えば最近カメラ事業大幅縮小を発表したばかり。αデジタルは残していく方針のようだが、この発表による製品の買い控えが心配である。SONYとの共同開発はどうなることやら・・・。

写真   

投稿者 waku : 05-11-09 00:09 | 写真 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (5)

October 18, 2005

100mmマクロレンズ購入(≧v≦)ノ

編集

KonicaMinolta αSweet Digital + AF DT ZOOM 18-70mm F3.5-5.6(D)

 

KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

行って来ました大阪日本橋。

買っちゃいましたミノルタ100マクロことAF MACRO 100mm F2.8(D)

本当は中古品を探していたのだが、7,8件くらい中古カメラ屋をまわっても在庫なし。結局老舗のトキワカメラで最新型を新品購入した。 何故トキワカメラかと言うと、非常に対応が良かったのと、料金の追加なしに一年の落下保証が付くからである。最新型とは言え、 Fキャップ以外はMINOLTAロゴ。重量のあるボディー(旧タイプと違いプラスチックっぽいが)、大きなフードでαSweet Digitalに付けると一気に高級感が増した。

二枚目の写真に写っているのはアングルファインダーという代物で、花をローアングルで撮影する際にファインダーに取り付けて使用する。 型が古く中古で4千円で購入したのだが、なんと内部にカビが生えていた。ピントさえ確認できれば問題ないのだが、 精神衛生上宜しくないように感じた。

帰ってから100マクロで折り鶴を撮ってみた。

50mmマクロよりも更に被写界深度が浅く、噂通りとろけるようなボケ味だ。

このレンズがあれば他のマクロレンズはいらないような気がしてくる。

写真   

投稿者 waku : 05-10-18 12:21 | 写真 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (12)

October 15, 2005

西へ

編集

 

KonicaMinolta αSweet Digital + AF DT ZOOM 18-70mm F3.5-5.6(D)

実家大阪に帰る前に、αSDと共に持っていくレンズを散々悩んだ挙げ句、 ピントの合焦が早く18-70mmまでカバーできるDTレンズを持っていくことにした。 本当はぼけが綺麗で解像度も高い50マクロを持って行くつもりだったのだが、 中古品のためか5〜7mくらいの距離で後ピンになるという不具合があることに気付いてしまった。現在このレンズの始末を思案中だ。 修理行きか、ヤフオク行きか、マクロ撮影だけに割り切って使うか・・・。

JR京都駅構内。

写真   

投稿者 waku : 05-10-15 12:24 | 写真 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (2)

October 11, 2005

名古屋栄

編集

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

 

KonicaMinolta αSweet Digital + AF DT ZOOM 18-70mm F3.5-5.6(D)

月曜日、栄にある名古屋麺屋横丁へ再び行ってきた。 前回は「秀ら〜」であったが、今日入ったのは 「まるでん」 という最近オープンしたての店だ。

頼んだのは温玉味噌ラーメンで、出てくるのに少し時間がかかったのだが、そんなことは海苔に各国語で書かれた「ありがとう」で吹き飛んだ (2枚目の写真参照)。スープは油でギトギトで、麺は太くて縮れている。こってりの部類に入るのだが、 ドロッとした感じは余りなく素直に食べられる。テーブルにはお酢が置いてあり、振りかけると多少まろやかになった。

因みに1枚目の写真はこの日のお昼にヨーカドーで食べたオムライスで、まるでんとは一切関係ない。


この日、大須に真空管アンプ改造用の電子パーツとフォトストレージを買いに行ったのだが、フォトストレージはなく電子パーツのみの購入となった。

その金額は・・・104円(笑)

実は電子パーツというのはただの抵抗なのだ。1年ほど前、真空管アンプのボリュームをソフトンのアッテネータに変えたら、 音量調節時に切り替えノイズが乗るようになったので、ずっと改善したいと思っていたのだがなかなか大須に行く機会がなく、 ほったらかしにしていた。

左の小さな抵抗が1本5円で、右の大きいのが84円。
適当に今後使いそうな抵抗を買ってきたのだが、この内実際使うのは右の820kΩの抵抗だけである。アッテネータと並列に取り付けて、 切り替わる瞬間に開放になるのを防止する。

あとコメ兵の中古カメラフロアに行って来たのだが、 お目当ての100マクロはなかった。 やはりネットが一番確実なのだろうか。

写真   

投稿者 waku : 05-10-11 20:58 | 写真 , 日常 , | トラックバック (0) | コメント (4)

October 08, 2005

ミニプラネタリウム

編集

 

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF DT ZOOM 18-70mm F3.5-5.6(D)

以前紹介した「大人の科学 Vol.09」 がついに手に入った。

上の写真は実はトイレの中なのだが、別世界である。

壁(や便器)に映った星空もさることながら、プラネタリウム自体もエッジが輝いて美しい。

 

2千円で買える幸せ。

時間のある方は是非作って欲しい。

(写真はクリックで大きくなります。)

写真   

投稿者 waku : 05-10-08 22:20 | 写真 , 日常 | トラックバック (1) | コメント (4)

October 07, 2005

水玉 part 2 〜水滴の付き方〜

編集

 

KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

雨上がり、葉っぱを観察してみた。

どの葉にも水滴が付いているが、良く見るとその付き方も様々だ。

完全に球体になっているもの

半円になっているもの

完全に潰れて水滴とは呼べないようなもの

これらの葉っぱにはどんな違いがあるのだろうか。

我々特派員はその秘密を探った(一人だが)。

葉を手で触ってみると当たり前だが手触りが違う。

葉脈の形が指ではっきり分かる柔らかい葉や、ロウを垂らしたようにツルツルの葉、全体が細毛で覆われた葉など数えて行けばきりがない。

一番良く水をはじきそうなのがツルツルの葉だが、薔薇の葉のようにツルツル、テカテカすぎるものは水滴が丸くならないことの方が多い。 しかし、蓮の葉や里芋の葉のようにスベスベの葉は丸くなる。

先日の写真や2,3枚目の写真の葉は真円に近い球状の水滴を作っている。 この葉を拡大してみるとツルツルというよりは寧ろザラザラであることが分かる。もちろん手で触った感じもザラザラで、 子供の頃良くこれで手足を切ったものだ。

どうやら葉の表面の凹凸に何か秘密があるようだ。

確かに撥水コーティングのされていない普通のガラスはツルツルなのだが水はこんなに丸くならない。

不思議に思い色々調べてみたところ現在の撥水技術の原点が思わぬ所にあった。

それは蓮の葉や山芋の葉である。

山芋の葉と言えば大きくて、良く朝露が溜まっているのを目にする。葉っぱを揺り動かすと中の水玉がクルクルと回って面白い。 一見するとすべすべした葉であるが、実は大変微細な凹凸構造をしているという。凹凸構造にすることによって水滴の下に空気を潜り込ませ、 付着力を限りなくゼロにしているのである。後は表面張力で水滴が丸くなるというわけだ。大きな水玉が潰れるのはもちろん重力によるものである。

これで全て謎が解けた。

ツルツルの葉ほど表面の付着力が増してしまうため水滴が潰れてしまい、細かいザラザラの葉ほど水滴が丸くなるのだ。

雨上がりの日にはちょっと立ち止まって葉っぱを観察してみては如何だろうか。

参考文献
http://www.astf.or.jp/rd2/page3seikah12.htm
http://www.appi.keio.ac.jp/shiratori/seimei/research/hasuis.html
http://subsite.icu.ac.jp/people/yoshino/SurfaceTension.html

写真   

投稿者 waku : 05-10-07 03:43 | 写真 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (4)

October 06, 2005

水玉 part 1

編集

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

とても眠いので明日の予告だけZzz

マクロレンズで葉っぱに付いた水滴を撮ってみた。

水滴が丸くなる葉とそうでない葉があって、その違いとは・・・ (続く)

写真   

投稿者 waku : 05-10-06 03:08 | 写真 | トラックバック (0) | コメント (6)

September 27, 2005

いつも仲良し

編集

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

ゴミ捨てついでにちょこっと撮影のはずが、1GBのCFが一杯になるまで撮りまくってしまった。 その数250枚以上。色んな構図で撮影していたらあっという間だ。こんなフォトストレージの購入を本気で考えなくちゃならないかも。 20GBあれば旅行でも安心だね。

オンブバッタが凄くかわいい。ずんずん近づいても全く逃げなかった。 オスに乗られて動くのがかったるいのかもしれない。

蝶も結構人慣れしていたようで、目の前でヒラヒラと羽を動かしながら、 ファッションモデルさながらに回転してくれた。

・・・って、回転しながら蜜吸ってるよ!

写真   

投稿者 waku : 05-09-27 18:03 | 写真 , 写真»動物 | トラックバック (1) | コメント (6)

September 23, 2005

赤緑

編集

 KonicaMinolta αSweet Digital + Tamron AF 70-300mm F4-5.6 LD MACRO

望遠ズームマクロテストその弐。赤のシシトウ、緑のオクラらしきものが路上に落ちていたので不思議に思い撮影した。 その周りに散らばっている木片みたいなものは何だろうか。35mm換算270mmの焦点距離で1/40秒のシャッタースピードだ。 手持ち撮影なのだが、それでもぶれていないのは私の腕ではなくアンチシェイクのお陰である。

このズームレンズ、安価な割にボケがなかなか綺麗だと思う。カッチリした描写はできないがふわっとボケてくれた。暖色系の発色も味があって良い。 この辺りは流石コニミノにレンズを一部OEMで出していると噂されるタムロンだけはある。良く見ると周辺のボケが流れていたりして荒が目立つが、実売1万円以下であるこを考えれば十分楽しませてくれる。

(写真はクリックで大きくなります。)

写真   

投稿者 waku : 05-09-23 20:50 | 写真 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (2)

September 18, 2005

本郷亭

編集

1/15秒 F2.8 ISO400  

 KonicaMinolta αSweet Digi tal + AF Macro 50mm F2.8

先日自転車で本郷亭へ行ってきた。 グリーンロードは車がスピードを出して走っているが、道路は広いし流れに乗ればなんてことはない。 先日換装したスギノコスペアクランクのお陰もあり、登りも楽々である。

本郷亭に来れば当然頼む物はラーメンしかないが、今回は少し趣向を変えて冷やし中華にしてみた。 全力で車とタイムトライアル(?)して暑いし。

やって来た中華麺は上の写真の通り量が多い。ネギもわさわさ。ネギ好きにはたまらない一品である。時に、 ネギを大量に乗せることを「ねぎドバ」 と言う人もいるらしい(面白かったので紹介)。写真には余り写っていないが、裏側にはどどーんと肉厚のチャーシューが大量に乗っている。

しかしこのチャーシューが曲者であった。 本郷亭と言えばラーメンに大量に乗る脂身の多い肉厚のチャーシューであるが、これと同じものが冷やし中華にも乗っていた。

私が思うに、冷やし中華にはこのような分厚いギトギトの脂身は合わない。

もっと薄く、中身がぎっしりと詰まった肉が良い。

しかも、この肉は温かかった。冷やし中華なのにチャーシューだけ温かいのである。

食べ終わった後も、納得のいかないまま店を後にした。

腹ごなしに付近を散策していると、洒落た自転車屋を発見した。うーむ、見事に自転車がそのまま飾ってある。 私の実家の近くに「チャリンコの家」という妙な名前の駐輪所があるが、同じように自転車を野ざらしで掲げていた。 いつか落ちてこないか心配ではある。残念ながらもう閉店時刻であったのだが、外からも中が丸見えだったので店内の様子がよく分かった。 シティーサイクルを主に取り扱っているようだが、どれも美しくディスプレーされている。

写真   

投稿者 waku : 05-09-18 01:17 | 写真 , 自転車 , | トラックバック (0)