The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
6) $paginate_current_page = 6; $paginate_sections = array( 0 , 8, 16, 24, 32, 40, 42); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 42; } $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>
June 27, 2007

マクロでポン

編集


AF MACRO 100mm F2.8(D)

もちろんマクロも好き。

望遠も、広角も、マクロにも共通して言えることは、人間の視界とは異なった世界が見える、写せるということだと思う。これだから写真は止められない。

おまけ

写真   

投稿者 waku : 07-06-27 12:02 | 写真»草花 , 写真»風景 , 写真»動物 | トラックバック (0) | コメント (13)

June 20, 2007

新緑

編集


AF 11-18mm F4.5-5.6(D)


AF MACRO 100mm F2.8(D)

もう季節は夏のよう。新緑が綺麗な季節です。
この日、大阪府枚方市にある山田池公園に写真を撮りに行ってきました。
(続く)

写真   

投稿者 waku : 07-06-20 01:54 | 写真»草花 , 写真»風景 | トラックバック (0) | コメント (2)

June 19, 2007

紫陽花に終わり紫陽花に始まる

編集


AF MACRO 100mm F2.8(D)

というわけでぼちぼち復活です。

ブログを休止して早一年経ちました。訳あって更新できなかったのですが、一年経ってようやく再開の目処が付きました。写真はこれまで同様撮っていますし、自転車にも乗っています。

のんびりまったりマイペースでの更新になると思いますが、どうぞお付き合いください。


AF 11-18mm F4.5-5.6(D)

写真   

投稿者 waku : 07-06-19 00:05 | ご案内 , 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (4)

June 10, 2006

AJISAI

編集


AF MACRO 100mm F2.8(D)

6月らしくしっとりと萼紫陽花を撮ってみました。(撮影場所:庭)

それはそうとSONY α100(音が出るので注意)、いよいよ発表になりましたね。1000万画素、手ブレ補正、ダストリダクション、カールツァイス、と売れる要素が多すぎます。SONYの宣伝効果と低価格も手伝って、Canon、Nikonに追いつく日も遠くはないように感じました。

写真   

投稿者 waku : 06-06-10 18:59 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (3) | コメント (10)

June 03, 2006

ふわっと100マクロ

編集


AF MACRO 100mm F2.8(D)

久しぶりに日付が変わる前に帰って来れたので更新です。最近は肉体的にも精神的にも疲れ気味ですが、時々皆様の撮られる素晴らしい写真を見ては心を和ませています。皆様から戴いた暖かいコメントへのお返事、それから皆様のブログへの訪問がなかなかできずに本当にごめんなさいm(_ _)m

にしてもこの花、なんと言う名前でしょうか?ご存知の方はコメント欄でこっそりと教えてください。

またまた撮影裏話。
基本的にRAW形式で撮影してPCで現像というスタンスで撮影していますが、花や人物撮影時にはミノルタのカメラが出すJPEGの良さをつくづく感じます。例えば上の花はRAW,JPEG同時記録で撮影後、JPEGの写真をリサイズして載せたものです。しかし、同時に出力されたRAWのパラメータを調整して上のJPEG写真に近づけようとしても、いくら頑張ったところで同じ色にならないわけです。αSDの出すJPEGは少し地味な色合いですが、自然で気に入っています。SONYのαにもこの色合いが継承されると信じています。

写真   

投稿者 waku : 06-06-03 22:22 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (10)

May 21, 2006

今年最後の桜写真

編集

平安神宮の夜桜(紅しだれコンサート)シリーズも最終回となりました。春からとても忙しくなったため、今年はこの一度きりしか花見に行けませんでしたが、そのためとても思い出深いものとなりました。毎年4月に行われるこのイベント、もし京都に行かれる予定がありましたら是非お越しください。

以下裏話。

この会場、三脚の持込が禁止されています。αボディーに内蔵された手ブレ補正をフル活用しつつ撮影しましたが、酷いブレのため捨てた写真も多かったです。

ちなみに、実際は桜にオレンジ色のライトが当てられていたので下の写真くらいの色合いでした。しかし人間とは不思議なもので、桜はピンク色であるべきだという先入観が働いて、自動的にピンクで認識するようです。要するに脳内オートホワイトバランスですね(^-^;というわけで、これまでの写真は自分がその場で感じた記憶色で現像しました。

前回のおまけ写真は水面に反射したライトの光源です。それっぽく撮りましたが、気づかれた方います?

写真   

投稿者 waku : 06-05-21 14:21 | 写真»草花 , 写真»風景 | トラックバック (0) | コメント (9)

May 19, 2006

月と紅

編集


AF MACRO 100mm F2.8(D)

おまけ

写真   

投稿者 waku : 06-05-19 00:24 | 写真»草花 | トラックバック (1) | コメント (8)

May 17, 2006

桃色の季節

編集


AF MACRO 100mm F2.8(D) (3枚目はレタッチ)

ふみかさんのところでチューリップ祭を開催しているというので、飛入り参加です(^-^)/


久しぶりにレフ板を使ってテスト撮影をしてみました。レフ板といってもA4の紙をファイルに挟んだだけというお手軽なものです(^-^;)この例ではレフ板使用が逆に悪影響を及ぼしている気がしますが、まあ・・・失敗例ということで(笑)
ちょっとの工夫で写真が変わりますので是非お試しください。どちらがレフ板使用か分かりますか?

写真   

投稿者 waku : 06-05-17 13:01 | 写真»草花 | トラックバック (1) | コメント (8)

May 11, 2006

平安神宮 紅枝垂桜ライトアップ

編集

ちょっと時期外れ感がありますが、平安神宮の枝垂桜です。

今まで多くの桜を見てきましたが、ここの桜は格別でした。丁度満開の時期に行われるこのイベント、オレンジ色の光で照らされた桜が、この時ばかりは世界一美しいと感じました。写真をクリックして拡大画像をご覧いただければ幸いです。

-----

最後の写真、びっくりされた方もいると思いますが、露光間にズームを行うとこのような写真が撮れます。しなしなさんのページで知り、面白かったので使ってみました。
4枚目は100マクロ、それ以外は超広角で撮影しました。三脚は持ち込み厳禁だったのですが、この超広角、焦点距離の関係上大変ぶれにくく、本体の手ぶれ補正機能と相まって1/10秒程度のシャッター速度ならぶれずに撮れました。しかし、この後次第に真っ暗になり、苦戦することに・・・(続く)

写真   

投稿者 waku : 06-05-11 23:48 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (6)

April 22, 2006

もうすっかり

編集

週末ブロガーと化してしまった「わく」です。

目まぐるしく一日が終わり、そして一週間が過ぎていきます。

でもそれは、一日一日が充実している証拠ですね。そうだと思いたいです(^-^;

この花、一体なんだか分かります?

そう、私はチューリップ。


そういえば先日、ミノルタのカメラ事業を引き継いだソニーが、自社デジタル一眼レフ関連製品のブランド名を「α」とすることを発表しました。カメラのみならずレンズも発売することも表明したので、αマウントのカメラを持つ身としてはとりあえず一安心です。

関連リンク
プレスリリース
αブランドサイト

写真   

投稿者 waku : 06-04-22 21:27 | 写真»草花 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (12)

April 16, 2006

平安神宮 〜流〜

編集

平安神宮の近くには、鴨川から引かれた琵琶湖疎水という川が流れています。水の色は綺麗な深緑色で、時々桜の花弁が流れていました。きっと今行くともっと凄いでしょう。

写真   

投稿者 waku : 06-04-16 11:28 | 写真»草花 , 写真»風景 | トラックバック (1) | コメント (10)

近況

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

新しい生活が始まってからというもの、朝早くに出て、日付が変わる頃帰って寝るだけというハードな日々を送っています。ブログの方も、更新頻度がかなり落ちてしまいました。せめて土曜日くらいはゆっくりしたかったのですが、今週はそれもままならない状況です。

いつもコメントを頂いている皆様のところにもなかなかお伺いすることができず、大変申し訳なく思っています。でも日曜日は少し時間があるので頑張ります。


平安神宮の写真はまだ整理中ですので、醍醐寺の載せきれなかった写真を掲載しました。下の写真は、ソフトフォーカスのレタッチをしています。

写真   

投稿者 waku : 06-04-16 02:27 | 写真»草花 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (2)

April 10, 2006

京都醍醐寺 〜桜〜

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

週末に、醍醐寺の太閤花見行列を観に行って来ました。
どのようなイベントかというと、太閤秀吉とそのお供に扮した行列が境内を練り歩いたり、歌や踊りなどの雅楽を催すというものです。
今日の写真はメインイベントの方ではなく、桜の方を掲載しています。

広角で枝垂桜。

写真   

投稿者 waku : 06-04-10 23:31 | 写真»草花 , 写真»風景 | トラックバック (0) | コメント (8)

April 09, 2006

京都夜桜

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

京都はどこへ行っても人が多いですが、水の上はいたって静かです。手持ち撮影。

写真   

投稿者 waku : 06-04-09 00:37 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (4)

April 06, 2006

パラシュート

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

表題のパラシュートとは一枚目の桜のことです。
桜の花が、花びらを精一杯広げてふわっと飛んでいるように見えたのでそう名付けました。
蕾は薄いピンクなのに、咲くと真っ白になる桜の花もあり不思議です。


そういえば、父親もついにウィルコムユーザになりました。プランはウィルコム定額プラン+データ定額で、ファミリーパックが適用になり月3250円です。端末はフルブラウザ搭載のWX310Kという高性能なものにしたようです。
知り合いもウィルコムに変える人が増えてきているので、近い将来誰とでも話し放題になるかもしれません。
ちなみにウィルコムを持っている友人のことを、ナウなヤング(笑)の中ではウィル友と呼ぶそうです。

写真   

投稿者 waku : 06-04-06 22:11 | 写真»草花 , 日常 | トラックバック (1) | コメント (4)

April 04, 2006

ふわりふわり

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

今日は近所に花見に行こうと思っていましたが、朝からあいにくの曇りでした。
更に夕方からは雨が降り出す始末。
それでもめげずにちょこっとだけ撮ってきましたよ。

どうやらまだ5分咲きくらいの様子。
満開の桜もいいけど、蕾も可愛くていいね。
曇りの日に撮るとしっとり。

写真   

投稿者 waku : 06-04-04 20:57 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (4)

April 01, 2006

ハーフモノトーンの草花

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

カラーだとありきたり、モノトーンだと地味過ぎる。そんな撮影者のわがままを叶えてくれる、彩度を落としたハーフモノトーン(勝手に命名)を提案しよう。

ちなみに、先のヒメオドリコソウは次のようになる。

写真   

投稿者 waku : 06-04-01 20:58 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (2)

March 30, 2006

斜光に包まれて

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

まだまだ段ボール箱が沢山転がっている(20個ほど・・・)我が家ですが、さっぱり片付ける気が起きません。
というわけで久しぶりに100マクロで花を撮ってみました。

mosyupaさんのブログで知りましたが、一枚目の花はヒメオドリコソウ(姫踊り子草)と言うらしい。なるほど、確かにそんな風に見えなくもない。

どこで撮ったかというと・・・。

我が家の庭です(^-^;
狭い庭なのですが、マクロな世界で見たり、背景をぼかしたりすれば意外と綺麗に見えます。

写真   

投稿者 waku : 06-03-30 21:55 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (2)

February 15, 2006

暖かくなりましたね

編集



AF 100mm MACRO F2.8(D) + C-PL

今日は本当に暖かく、いつものようにコートを羽織って外に出ると暑いくらいだった。
そろそろ春の足音が聞こえてきたようだ。

写真   

投稿者 waku : 06-02-15 14:45 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (2)

February 13, 2006

デコポン

編集



AF 100mm MACRO F2.8(D) + C-PL

最近超広角ばかり使っていたので、久しぶりに100マクロを持ってうろうろしてみた。
やはりこの季節、ぱっと目を引く鮮やかな花なんてないなぁ、と思っていたらデコポンが生っていた(^-^
青い空の下、強い日差しを浴びて、他のどんな草木よりも輝いていた。


本日、やっと研究発表が終わりました^^
これで当分はいつものペースで写真を載せていけるのではないかと思います。
自転車ネタも投入していきますんで何卒よろしくm(__)m

写真   

投稿者 waku : 06-02-13 21:27 | 写真»草花 , 写真 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (4)

December 07, 2005

養老の滝を求めて part 7 [最終回]

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

更に奥に進み、養老の滝を目指した。
サーッとかすかに滝の音が聞こえてきて、観光客が群がっているのが分かった。
養老の滝はもうすぐそこだ!期待に胸が高鳴る。
そして見えてきたのは、一直線に伸びるこんな立派な滝だった。
ここまで来た甲斐があったと疲れも吹っ飛ぶ思いだった。
他の観光客の迷惑にならない位置から(崖の下など)大量に写真を撮っていたが、ふとあることに気づいた。
周りを見渡すと、携帯やコンパクトデジカメで撮影する者はいれど、私のように一眼レフで撮っている者など一人もいなかった。それどころか、皆三脚すら持っていない。もっと白レンズ(高級レンズのこと)を持った中高年の方が沢山いることを想像していただけに、肩透かしをくらった感じだ。
三脚さえあれば暗くなっても手ぶれは防げるのだが、日が沈むと流石にピントが全く合わなくなってきた。MFで合わせようにも暗すぎて、ピントの山が全く掴めず、そろそろ引き上げることにした。

行きに大行列ができていて買うことができなかった焼き団子が、オレンジのハロゲンライトに照らされて、より一層美味しそうだった。吸い込まれるように団子の方に向かったのだが、たれはクルミ味噌か山椒味噌。ガーン( ̄口 ̄;)!!関西人の感覚では団子に味噌は考えられない。こういうのは餡子か黄な粉、もしくは醤油だと思う。生地はモチモチしててとっても美味しいだけに味噌で損しているように感じた。こんな風に思うのは自分だけではないようだ(月夜のブログ)。

帰り道は紅葉のライトアップが行われていた。
tamoさんも言われた通りライトアップされている範囲は少なかったのは残念だが、燃えるように赤い紅葉がライトに照らされて美しかった。
さあ帰ろうと駐車場の方へ歩いて行くと、電灯はなく辺りは真っ暗。
標識も見えず、迷いながら何とか帰路についた。(完)
これにて七回続いた養老編を終らせていただきます。長い間ご愛読有難う御座いましたm(__)m

養老団子壁紙ver.
SXGA(1280x960) XGA(1024x768)
(お持ち帰りは上記リンクを右クリックして名前を付けて保存してください。)

写真   

投稿者 waku : 05-12-07 01:36 | 写真»草花 , 写真»風景 , | トラックバック (0) | コメント (14)

December 05, 2005

養老の滝を求めて part 6

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

養老の滝を目指して森の奥へと入っていくと、小さな滝を見つけた。他にも沢山観光客がいたのだが、皆、このような小さな滝にはわき目も暮れず、一直線に養老の滝へ向かって進んでいた。
岩に乗ったモミジの葉、エメラルド色に輝く草や苔、やわらかく流れる水、そして勢い良く広がる滝壺の泡。
小さな滝の中にも力強さと繊細さが共存している滝だった。一秒のスローシャッターで捉えると、その写真はお気に入りの一枚となった。(続く)
写真   

投稿者 waku : 05-12-05 20:29 | 写真»草花 , 写真»風景 | トラックバック (0) | コメント (10)

December 03, 2005

養老の滝を求めて part 5

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D) AF DT 18-70mm F3.5-5.6(D)

ひっそりとした雰囲気の中、自然の壮大さを感じた。
壁紙第三弾 SXGA(1280x960) XGA(1024x768)


AF 100mm MACRO F2.8(D)

(やっぱり続く)
写真   

投稿者 waku : 05-12-03 23:52 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (8)

December 02, 2005

養老の滝を求めて part 4

編集


AF 100mm MACRO F2.8(D)

いつもマクロばかり撮っているのではなく、今回は道行く人も撮影した。
このくらいのサイズなら個人が特定できないと思い、恐る恐るアップしてみた。
とはいえ、メインはやはり紅葉。その場の雰囲気を少しでも感じていただけたら。


AF DT 18-70mm F3.5-F5.6(D)

養老公園内の橋からの風景。このレンズ、広角側は見た目以上に周りが広く写るので面白い。ただ、100mmマクロと比べちゃうと画質はちょっとアレなので、今回も出番が少なかった。タムの70-300mmは重いので家でやっぱりお留守番(^^;


今回持っていった撮影機材リスト




(まだ続きます)

写真   

投稿者 waku : 05-12-02 19:19 | 写真»草花 , 写真 , 写真»風景 | トラックバック (0) | コメント (6)

November 30, 2005

養老の滝を求めて part 3

編集


KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

一枚目、淡い赤と黄色のコントラストがとても美しく感じた。人が足を踏み入れられない崖に立っていた木ではあるが、100mmマクロレンズのお陰で一番美しい部分を切り取れた。

二枚目、長い年月をかけて徐々に老朽化し森の何者かによって穴を空けられたようだ。しかし、それでもまだ地にしっかりと根を生やして懸命に生きているかのようである。


その場で感じた空気感を余すことなく写真で表現することは本当に難しい。しかも余り一箇所で長い間撮影していると他の観光客に迷惑をかけてしまう。そこで今回の養老写真は全てRAW形式で撮影し、家に帰ってからじっくり時間をかけて現像することにした。思い通りの色を出すのは結構大変な作業なのだが、その時間がまた楽しい。もちろん現像ソフトは自分で日本語化したRawShooter essentials 2005である。このソフトはSILKYPIXなどとは違い、デフォルトの色は地味に出るのだが、スライダーを動かして全パラメータを上手く設定してやれば納得の行く絵になる。同じシチュエーションで撮った他の写真にパラメータをコピーしたり、設定を記憶させて色々なバリエーションを作ることもでき、処理も高速なので、他の現像ソフトより大量のRAWファイルの修正に向いていると私は感じている。(続く)

写真   

投稿者 waku : 05-11-30 13:03 | 写真»草花 , 写真»風景 | トラックバック (1) | コメント (8)

November 29, 2005

養老の滝を求めて part 2

編集

051128_yoro4_sum.jpg


KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

いつも自転車や車で出かけるときはMapfan.netというソフトを用いて経路を計画している。このソフトの利用料は年間2,079円で、常に最新の地図をインターネットを通じて利用できるようになっている。かといってWebブラウザで見る無料の地図とは違い、ADSL1Mbpsのナローバンド回線を持ってしてもスクロールはスムーズで、詳細な情報もばっちり分かる。このソフトの一番気に入っている所は、ルートの探索ができることで、出発地と目的地を指定してやれば自動的に経路を設定してくれる。オプションで時速の設定もできるので、到着までの目安時刻も分かる。そうして出したルートの分岐点の地図のリストを印刷して旅行にもって行けば迷わないだろう。ただ注意しなくてはならないのが、どんな山道だろうが一定の速度で走れると仮定していることだ。30分で自転車で行けると表示された所が1時間以上経ってもまだ着かないということも度々ある。それに気をつければこんなに使えるソフトはない。普通の地図に満足できない方は、10日間の無料体験版もあるので、試してみてはどうだろうか。


前置きが長くなったが、数回に分けて養老日帰り旅行の記録を書き綴ろうと思う。

撮影機材を山ほど持っての養老は、自転車では流石に辛過ぎるので、車で高速を使って行くことにした。途中PAで小休憩。おや、このトラックは・・・?!

牛?!い、生きてるよ!(そりゃそうだ)しかも物凄く大人しい。近づいても無反応、無表情。よほど人慣れしているのか、それともトラックで運搬されることで自らの運命を悟ってまな板の鯉状態なのか・・・。一体どこへ連れて行かれると言うのだろうか。

車を運転すること二時間(Mapfan.netでは一時間と出ていたのにおかしいなぁ)、ようやく養老公園に到着した。この公園は滝や紅葉などの自然のみならず様々な施設があり、年中楽しめるようだ。

一直線に滝に向かおうと思ったが、駐車場からいきなりこれである。誘惑が多すぎてなかなか前へ進めない。(続く)

写真   

投稿者 waku : 05-11-29 00:47 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (8)

November 24, 2005

たまにはこんな紅葉も

編集

KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

RawShooter essentials 2005の日本語化パッチ、公開と同時に各所で紹介されて嬉しい限りです。

日本語訳に不備がありましたらコメント欄にてお知らせいただければ幸いです。

写真   

投稿者 waku : 05-11-24 00:16 | 写真»草花 , PC | トラックバック (1) | コメント (4)

November 21, 2005

今年の紅葉 Part 3

編集


KonicaMinolta αSweet Digital + AF  MACRO 100mm F2.8(D)

一枚目の写真はRAW形式で撮影した写真をSILKYPIXで現像した。現像ソフトを用いればJPEGになる前に微調整ができるので、ホワイトバランスやカメラの設定を気にせず撮影できる。微調整には時間がかかるのだが、その時間がまた楽しい。RAWを使えば、撮るときの楽しみと現像するときの楽しみを両方味わえてお得である。

ただSILKYPIXは16,000円もするので、次のエントリーではフリーの現像ソフト"Pixmantec RawShooter essentials 2005"とその日本語化について書くつもりだ。

二枚目の写真は壁紙仕様になっている。落ち葉の一部に日の光が差し込んでいて、まるでスポットライトで照らされているかのような光景だった。(壁紙は1024x768画面専用です。ダウンロードは写真をクリックして表示される画像を保存してください。)

写真   

投稿者 waku : 05-11-21 20:23 | 写真»草花 , 写真»カメラ , PC | トラックバック (0) | コメント (4)

November 18, 2005

今年の紅葉 Part 2 -首なし地蔵-

編集

KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

寒くなって一気に散っている所があった。

つい先週まで、紅葉を今か今かと待っていたのが嘘のようである。

この近くに「首なし地蔵 →」という看板があり行ってみたところ、ぱっと見、普通のお地蔵さんが二体並んでいた。しかしよく見ると一体のお地蔵さんは首の代わりに丸い石が乗せられていた。立て看板の説明文を読んでみると、この近くで昔に掘り出されたものらしい。このお地蔵さんをお参りすると病気が良くなるという事で、医学薬学が発達していなかった昔は、遠くからお参りに訪れる人が後を絶たなかったとか。 (続く)

写真   

投稿者 waku : 05-11-18 21:30 | 写真»草花 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (6)

November 16, 2005

今年の紅葉

編集

  KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

去年と同じ場所、同じ木で撮影した紅葉である。去年はDimage X20で撮っていたので余り寄れなかったが、今年はデジ一眼+マクロレンズで挑んだ。(続く)

写真   

投稿者 waku : 05-11-16 13:39 | 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (6)

October 30, 2005

ひらかたパーク

編集




 

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF DT ZOOM 18-70mm F3.5-5.6(D)

ちょっと前の話題になるのだが、今月15日、「ひらパー」こと「ひらかたパーク」へ大菊人形展を見に行ってきた。ひらパーの菊人形展は毎年秋の恒例行事で今年で96年目だったのだが、職人の高齢化や来場者の減少などで最後の展示となる(12月4日まで)。

流石に最後だけあって来場者は多く、万博のような蛇の列ができた。以前行ったときもかなりの人だかりができていたのを覚えている。当時私は小中学生くらいで、確かビデオカメラの撮影を親に任されていた。

内容的には今見てもそれほど感動を覚えなかった。何か義経がやけにタッキー似だなぁとか、時系列で並べてくれよ!とか考えていた。

参考: 「今年でファイナル! 100年近く続いた菊人形とは?」

その後ひらパー内にあるバラ園で、上海少年少女雑技団を見た。子供版アレグリアのようで素晴らしかった。

薔薇の写真はキットレンズの割に綺麗に撮れたため、調子に乗って壁紙にしてしまった(1024x768サイズ専用)。

壁紙ダウンロード
薔薇1024x768 

(上部の枠内の写真はクリックで拡大)

写真   

投稿者 waku : 05-10-30 23:52 | 写真»草花 , 日常 | トラックバック (0) | コメント (8)

October 28, 2005

αSweet Digital不調

編集

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

(写真はクリックで拡大)

茎が見えないように真上から花を撮ると、ピントの合った花だけが浮かび上がって、奇妙な浮遊感が出た。 他にもそんな写真を撮ったのだが、少しずつ紹介したいと思う。その訳は・・・ 

なんと私の購入したαSweet Digitalには大きな不良があったのだ。

普段花などを撮影している時には気が付かないのだが、数メートル離れたところをAF(オートフォーカス) で狙うとピントがとんでもなく後ろになる。俗に言う後ピン現象が発生したのだ。 ただしそれは50mmマクロと100mmマクロの二つのマクロレンズでのみ発生する。 その他に所持しているレンズでは全くこのような現象は出ないから不思議だ。

α-7D発売時の後ピン問題はネットで話題になっていたので知っていたが、αSDでも同じ不具合が出たという報告は聞いたことがなかったため安心していたのだが、運がなかったようだ。 POEさんは別の件で二回目の修理に出されたとのこと。コニカミノルタの製品は日本で生産していないとはいえ、 品質だけは落とさないで欲しいと思う。

紅葉の盛りになる前にこの不具合は直しておきたかったため、先日早速αデジタルピックアップサービスに出した。

αSDとは暫しお別れだ。
そんな訳でカメラが戻ってくるまでの一週間くらいは、以前紹介しきれていなかった写真を掲載しようと思う。

写真   

投稿者 waku : 05-10-28 23:36 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (10)

October 22, 2005

『光と影』

編集

 

KonicaMinolta αSweet Digital + AF MACRO 100mm F2.8(D)

今朝、購入したての100mmマクロでほんの少しだけ撮ってみた。

ミノルタの100mm MACRO F2.8は3回のモデルチェンジが行われていて、古いものから順に

(1) AF MACRO 100mm F2.8

(2) AF MACRO 100mm F2.8 New

(3) AF MACRO 100mm F2.8(D)

と名称が異なる。それぞれ見分け方は、

(1) 鏡筒もピントリングも金属製で、ピントリングが極めて小さい。これだけ多角形形絞り。

(2) ピントリングにラバーが貼ってあり、少しだけ幅が広い。

(3) ピントリングの幅がとても広くAF時に回転しない。

最新型はピントリングも無駄に大きいのでピント調節もスムーズに行える。また円形絞りなため、絞ったときのボケ味も美しい。

今まで使っていた50mmマクロに比べ焦点距離が長いため、それほど近くに寄らなくても大きく写せる。

こういう虫取りにはもってこいだが、まだ慣れない画角で良い絵が撮れず苦労した。 レンズは良いのに腕が付いて行っていない感じだ(^^;

50mmはマクロ撮影のみならずスナップショットにも使えるが、それに対し100mmはマクロと中望遠レンズとしてしか使いにくい。

写真   

投稿者 waku : 05-10-22 01:52 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (6)

October 03, 2005

もう秋

編集

  KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

α Sweet Digitalの発色は大変地味なので、普段カメラ側の現像設定は、彩度とコントラスト、 シャープネスを+1にするのだが、本当は全て+2くらいにしてやっとCanon Kiss Digitalようになる。 ただそこまでやってしまうとリアリティが失われてしまい、作り物の写真になってしまう。 こういう秋の哀愁漂う絵作りにはデフォルトの設定にコントラスト+1くらいが丁度良い。

写真   

投稿者 waku : 05-10-03 01:14 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (2)

October 01, 2005

レフ板使用

編集

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

今回はレフ板を使って暗部を持ち上げてみた。レフ板と言うと大層に聞こえるが、 実際は100円のクリアファイルに白いコピー用紙を挟んだだけというお手軽レフ板だ。 写真はちょっとしたことで仕上がりが変わるので奥が深いと思った。

写真   

投稿者 waku : 05-10-01 22:34 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (0)

September 30, 2005

彼岸花

編集

KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

彼岸花の群生が見られなかったのが非常に残念ではあるが、家の近くは自然が多く、それなりに撮影を楽しめた。 しかし彼岸花という花はとても変わった形をしている。ユリよりも更にシベが長く触角のようだ。

(一番下の写真はクリックで大きくなります)

写真   

投稿者 waku : 05-09-30 19:57 | 写真»草花 | トラックバック (1) | コメント (2)

September 28, 2005

白い彼岸花

編集

 

 KonicaMinolta αSweet Digital +  Tamron AF 70-300mm F4-5.6 LD MACRO

本当は矢勝川の彼岸花を見に行きたかったのだが、なかなか都合が付かないため、 近所に咲いていた白い彼岸花を撮影した。純粋な白い彼岸花に比べ、やや黄色味がかっていた。黄色い彼岸花もあるそうだが、この彼岸花は黄色と白の混合かもしれない。 茂みの中に咲いていたので近くには寄れなかったが、タムロンの安ズームが頑張ってくれた。因みにこのズームレンズ、 ボディーとの色の相性も考えずにヤフオクで新古品を安いっ!と落札したが、黒のボディーにシルバーレンズは相性最悪であった。しかし、 多少の諸収差はあるとは言え、コストパフォーマンスは極めて高いと思う。ネットだとこの辺りが最安かな。もちろん黒もある。

彼岸花は拡大してみると一つ一つの花の形やシベが以前撮ったユリにそっくりなことに気が付いた。 ユリ科かと思ったがどうやら違うらしい。

私の家の側ではもう稲刈りが始まったようだ。狭い田んぼなのだが7,8人くらいで作業していた。 実はこの田んぼには色々とお世話になっている。去年は寝間着を、今年は布団を飛ばして田んぼのど真ん中に不時着させたりした。 農家側からはその仕返しに(?)草刈り時の泥を自転車や車に浴びせかけられたりしている・・・。

写真   

投稿者 waku : 05-09-28 21:16 | 写真»草花 , 写真»風景 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (2)

September 26, 2005

アンチシェイク

編集

 KonicaMinolta αSweet Digital + Tamron AF 70-300mm F4-5.6 LD MACRO

やはり軽量三脚に望遠レンズだと風で微妙にぶれてしまうことがある。そういうときはアンチシェイクを有効にすれば良いのだが、 さすがに前後方向のぶれは修正できない。時期αボディーには是非前後方向にもCCDが動く機能を搭載して欲しいと思う。

写真   

投稿者 waku : 05-09-26 15:34 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (0)

September 22, 2005

大衆の中で

編集

 

  KonicaMinolta αSweet Digital + Tamron AF 70-300mm F4-5.6 LD MACRO

今日は初めて望遠レンズのマクロ機能を使ってみた。
流石におまけ的な機能なので全然寄れない。だが普段は撮れないような高倍率ズームならではの写真もいくつか撮れた。明日から三連勤なので、 ネタが尽きて仕舞わないように写真は小出しにしていこうと思う(^^;

(写真はクリックで大きくなります)

写真   

投稿者 waku : 05-09-22 19:28 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (0)

September 21, 2005

息を潜めて

編集

 

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

今日は草むらで蚊と格闘しながらバッタを撮影。
もう薄暗くなっていたので、ASの効果も虚しく手ぶれ連発だった。このバッタは20枚ほど撮影、 その内18枚が手ぶれという散々な結果に終わった。それもそのはず、シャッター速度は1/5秒である。ちょっと引いたスナップショットとは違い、 激しく接近するマクロ撮影では手ぶれが目立ちやすい。次からは感度を上げて撮るか、重くても三脚をバッグに入れておこうと思った。

下の花はつぼみが螺旋状に回っている。これがネジ花というやつなのか。綺麗に咲いている所も是非拝みたい。

そういえば草むらでバッタを撮っている時に、通りがかりのおじちゃんが「兄ちゃん、全国を回って昆虫の撮影してるんか?」って聞いてきた。 そんな風に見えるのだろうか。

写真   

投稿者 waku : 05-09-21 21:29 | 写真»草花 , 写真»動物 | トラックバック (0) | コメント (8)

September 15, 2005

三脚購入

編集

1/100秒F7.1

 KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

 「ちゃんとした三脚って重いし、かさばる。」これが普通のイメージである。かといってミニ三脚にすると高さが足りないし、 軽くて長いものは風でふらふらする。
そんな三脚のイメージを一新した商品がこれ。

Velbon ULTRA MAXiSF

 Velbon ULTRA MAXiSF

全長122cmまで伸びるにも関わらず、縮長は僅か32.7cm。 しかも重量は0.75kgと激軽だ。

もちろんローポジション撮影にも対応。

ローポジション

伸びる秘密は脚の根本にあるボルトをなくしたトラニアンシャフトシステムだとか。流石にエレベータまで伸ばすと多少ふらつくが、 見た目以上にがっしりしている。α Sweet Digitalなら、もしもの場合はASでカバーできるので安心だ。

一番気に入っているのは脚をひねって即限界まで伸ばせること。これなら三脚を使うのも楽ちんだね。

200gだけ重くなっても太い三脚が欲しいという方にはLUXiSFがお勧め。

Amazonでこの三脚を探す
上の花も前回同様、三脚を買いに行く道中に撮影した。直接光がもろに当たってるのでテラテラとしてしまった。 自分で影を作るなど工夫すればもっとしっとり感が出せたと思う。
写真   

投稿者 waku : 05-09-15 21:44 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (2)

MovableTypeでの画像のアップロード

編集

  1/125秒F9.0


1/60秒F8.0
KonicaMinolta αSweet Digital + AF Macro 50mm F2.8

今までの制限されたレンタルブログからMovableTypeに移行して出来ることが劇的に増えたが、 その反面画像のアップロードに手間がかかるようになった。記事投稿画面のサイドにある「ファイルのアップロード」 をクリックしてアップロードディレクトリを入力し(imagesなど)、ファイルを選択。 タグが表示されるのでそれをマウスで選択してウィンドウを閉じ、記事に手動で貼り付けなければならない。これでは記事を書く気も失せる。 何か良い方法はないか探したところ、ubicast Bloggerというフリーソフトを見つけた。 このソフトはMovableTypeのみならず様々なブログの記事の投稿・編集をサポートしている(もちろんエキサイトブログもだ)。 投稿画面はWYSIWYGなのでHTML文法を知らない人でも多彩な文字修飾ができるなど 「え、これがフリーソフト!?」 というような内容である。

で、今そのソフトで記事を書いているのだが、ある問題に直面した。

それは、バグである。

 このソフトで、MovableTypeの管理画面から投稿したエントリーを読み込むと、改行が綺麗さっぱりなくなるのである。 従ってこのソフトを使うなら完全に"このソフトだけ"を使って投稿しなくてはならない。つまりこれは、 一生このソフトに依存して生きていかなければならない事を意味する。ソフトにウィルスが混入しようが、多額の請求書が来ようがである。

もちろんバグが修正されればこの問題はなくなる。すぐに掲示板に書き込もうかと思ったが只今メンテナンス中とのこと。残念。


花の写真はカメラ屋に三脚を買いに行く途中に撮影した。歩道に植わっていたのでトラックやらワゴンやらの起こす突風が強烈で、 なかなか花が止まらなかった。特に下のショットは15枚ほど撮ったが、その内ぶれがなかったのは僅か2枚である。背景が気に入らないが、 ピンぼけ写真を掲載するよりはましである。時期αSweet Digitalには、是非"被写体ぶれ補正"機能を付けてもらいたい。 機能を有効にするとシャキーンとアームが伸び、花を押さえつけるとか(笑)

写真   

投稿者 waku : 05-09-15 14:24 | PC»MovableType , 写真»草花 | トラックバック (0) | コメント (1)