June 10, 2006

AJISAI

編集


AF MACRO 100mm F2.8(D)

6月らしくしっとりと萼紫陽花を撮ってみました。(撮影場所:庭)

それはそうとSONY α100(音が出るので注意)、いよいよ発表になりましたね。1000万画素、手ブレ補正、ダストリダクション、カールツァイス、と売れる要素が多すぎます。SONYの宣伝効果と低価格も手伝って、Canon、Nikonに追いつく日も遠くはないように感じました。

写真   

投稿者 waku : 06-06-10 18:59 | 写真»草花 , 写真»カメラ | トラックバック (3) | コメント (10)

April 03, 2006

標準ズームレンズ購入

編集


KonicaMinolta AF50mm F1.7 + フィルム風画像処理

昨日、大阪日本橋のとあるカメラ屋さんに行ってきました。6月に知人の結婚式のカメラマンを頼まれているので、そこで使う標準ズームレンズを物色するためです。

これまでレンズはそこそこ揃えて来ましたが、どれも用途が特定されているものばかりで、結婚式で人を撮るとなると複数のレンズをとっかえひっかえしなければなりません。一応キットレンズのDT18-70mm/F3.5-5.6というのがありますが、暗い上に描写が好みでないので購入後すぐにお蔵入りになってしまいました。そこで今回はF2.8通しの大口径ズームレンズを探すべく日本橋に繰り出したわけです。

ある程度目星をつけて店に入ったので、早速そのレンズを本体に付けさせていただきました。
描写は単焦点並みに良く、値段もお手頃。
下見に来たはずが、いざ目の前にするとものの数分でお買い上げとなってしまいました(^-^;
そう、安くて描写の良い大口径標準ズームと言えばタムロンA09です。デジタル換算で42-112mmと標準から中望遠までカバーする画角で、コンパクトながらF2.8通しで明るいズームレンズです。

ただ残念なことに店にあった新品2本ともやや前ピン気味で、その内精度の良い方を選んだつもりでしたが、帰宅後色々試し撮りしてみると、数mの距離で1m近く外すことが分かりました。このレンズはピンズレの初期不良が多いと聞いていたのですがまさかこれほどまでとは・・・。
勿論、すぐにタムロンに調整に出すことにしました。買ったばかりですが暫しお別れです。


上のスナップ写真は、ミナミの街を歩いているとふと目に留まったので撮りました。喫茶店に小便小僧・・・は良いとしてバケツに水を溜めるセンスが素敵です(笑)小便小僧の「いたずらしてやるー。」的な表情も良い味出してます。折角なので今回はハーフモノトーンに加えコントラストを強調させてフィルム写真風に仕上げました。

写真   

投稿者 waku : 06-04-03 22:04 | 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (4)

March 27, 2006

Blue...

編集


Tamron AF 70-300mm F4-5.6 LD MACRO

青・・・
その色は私たちに静寂を与えてくれます。

というわけで、そろそろ種明かしを。

元のツララはこんな色です。さてどうやって青くするかなんですが、これは撮影時にカメラである設定をすることで出来ます。デジイチでなくてもコンデジでも可能です。

皆さんカメラのホワイトバランス(WB)っていじったことありますか?(バリバリ使いこなしている人はスイマセン)どんなカメラでもホワイトバランスの設定が必ずあるはずです。この設定は、本来光源に応じて変更します。例えば室内で蛍光灯の元での撮影ならホワイトバランスも蛍光灯、といった具合です。普通の人はオートホワイトバランス(AWB)を使われている場合が多いですが、光源に応じてきちんと設定すると、肌の色がより自然になります。

また、ホワイトバランスの設定によっては昼間なのに夕景のようにしたり、夕日をより鮮やかにしたりといった効果が得られます。今まで使ったことなかった方も是非使ってみてくださいね。

それでは、そのホワイトバランスをどう設定すれば青くなるのか?
答えは「白熱灯」です。
本来白熱灯は赤みが強く青みが弱い光(色温度の高い光)です。それをホワイトバランスを白熱灯にすることで修正するのが目的ですが、日光の下白熱灯に設定するとこのように青い世界が楽しめるわけです。

最後は広角で迫ってみました。

写真   

投稿者 waku : 06-03-27 16:46 | 写真»風景 , 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (10)

February 27, 2006

Pixmantec RawShooter essentials 2006 日本語化パッチ

編集

Pixmantec RawShooter essentials 2006(日本語化済)

以前紹介したPixmantec RawShooter essentials 2005が2006へとバージョンアップした。

今度のバージョンではダウンロード時にメールアドレスを必要としない。トップページからすぐにダウンロードできるようになった。

Pixmantecホームページ

早速その日本語化パッチを作成したのでこちらに置いておく

RSE2005との違いは...(以下執筆中)

写真   

投稿者 waku : 06-02-27 18:27 | 写真»カメラ , PC | トラックバック (3) | コメント (35)

February 20, 2006

αSweetDと丸型アイピースフードEH-7

編集



AF 100mm MACRO F2.8(D)

他社のエントリークラスのデジイチに比べ、αSweetDはかなりファインダーが見やすい。しかし、折角見やすいファインダーも横から光が入ってきて、反射して非常に見難くなることがある。そこで、ミノルタXシリーズ用の丸型アイピースカップ(アイピースフード)EH-7を試してみた。このアクセサリはカタログを見ても、HPを見ても掲載されていないという隠れアクセサリである。コニミノの撤退報道以降、こういったアクセサリは大変稀少であるが、なんとか1つだけ確保することができた。お値段は500円とリーズナブルだが、今後はオークションなどで高価に取引されるに違いない。αSweetD、α7D使いでまだEH-7を持ってない人は急いだほうがいいだろう。

早速αSweetD標準の薄っぺらいアイピースカップEC-1500を取り外し、丸型のEH-7を取り付けてみる。ひょっとしたらサイズが合わないかもと心配していたが、問題なく取り付けることができた。ネットで言われているほど取れ易くもない、というよりぴったりだ。どうやらアイピースカップの形状もXシリーズからほとんど変更されていないようである。

かくして、レトロなαSweetDが出来上がった(写真は後日掲載予定)。うーん、格好良すぎる。肝心のファインダーの見易さだが、確かに横からの光が巨大なフードで遮光されて大変見やすくなり、より撮影に集中できるようになった。難点はEH-7がアイセンサー部を覆ってしまうため、ファインダーを覗いた時に自動で液晶が消えないということ。まあこれは手動で消せば良いし、ファインダー内の表示を見れば問題ない。お勧め度☆☆☆☆☆

参考サイト: CMEHAPPY 便利グッズ

写真   

投稿者 waku : 06-02-20 18:14 | 写真»カメラ | トラックバック (0) | コメント (2)

February 01, 2006

超広角レンズKonicaMinolta AF 11-18mm F4.5-5.6(D)購入

編集

060202_lenz_sum.jpg
KonicaMinolta AF 50mm F1.7にて撮影


KonicaMinolta AF 11-18mm F4.5-5.6(D)

イヤッホウゥゥゥゥ!!
(壊れた?)

寝る暇も惜しい論文提出間際で御座います。

ですが、コニミノの撤退騒動を聞き、レンズをポチっと買っちゃったのです。

レンズ沼ってほんと凄い。もう抜け出せる気がしない(笑)

今回購入したレンズは11-18mmの超広角レンズ。生産完了の文字が寂しいコレです。
来月長野にスキーに行く予定なので、雪山を激写しようと急遽購入。

普通の人は11-18mmとか言われてもちょっとぴんと来ないと思うので少しだけ解説。

この○○mmっていうのはレンズの焦点距離のことで、この距離が長いほど遠くの物が大きく写る。長いものは望遠レンズと呼ばれ、遠くの鳥なんかを大きく撮るのに適している。反対に短いのは広角レンズって呼ばれ、広い範囲が写るので、風景や建物の写真を撮るのに適している。

人間の目は大体50mmって言われているけど、このレンズはなんと11mm(35mm換算16.5mm)!とっても広く撮れるのである。
望遠レンズは望遠鏡なんかで大体想像が着くと思うが、こういう超広角は殆どの人が余り馴染みがないはずだ。
自分もその一人で、近くのケンタッキーまで昼飯を食べに行くついでにこのレンズ(とカメラ)で少し撮ってみたんだけどびっくり!とっても広〜い。おまけに周りのものを写しこんでいる影響で歪む歪む!

では面白半分で撮った超広角のテスト写真をどうぞ(^-^;

060131_porco_sum.jpg

060131_kfc_sum.jpg

最後の写真のどこが面白いのか分からないって?!
右手に傘が掛かってるところ。

・・・ではなく、この写真がカーネルおじさんの約1m手前で撮られていた事実である。
普通なら絶対頭が切れて首チョンパ状態になる位置から撮っているにも関わらず、超広角なら全身が写ることに驚いたので掲載。ファインダーを覗いた人にしか分からない喜びです。(自己満足スマン)

この日は曇天だったので空が白く飛んでいるのだが、次の晴天の日にPLフィルターを付けて青空を撮ってみたい。最も、卒論が順調に完成すればの話だが・・・。

写真   

投稿者 waku : 06-02-01 23:02 | 写真»風景 , 写真»カメラ , 日常 | トラックバック (0) | コメント (6)

January 20, 2006

コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業から全面撤退

編集

先日、コニカミノルタのデジ一眼を持つ身としては手痛いニュースが報道された。

レンズを既に5本(内1本は売却)購入し、これからαマウントと共に心中するしかないと思っていた矢先の出来事で、これを知ったときは流石に唖然としてしまった。
※コニカミノルタ製レンズ交換式カメラとレンズをつなぐための規格

SONYがコニカミノルタのカメラ資産を引き継いで、今後αマウントのデジ一眼を開発していくことが表明されたが、これも手放しに喜ぶことができるはずがない。レンズあってのデジ一眼であり、いくら本体が素晴らしくてもレンズのラインナップが不足していれば意味がない。最も現状では、コニカミノルタはタムロンのOEMレンズばかり出しており、ミノルタ時代の良いレンズは次々とディスコンとなっているため、コニカミノルタのままではαマウントの存続が危うかったのだろう。

しかし、日経のコニカミノルタ社長の一問一答を読んで少し安心した。コニカミノルタで解雇された従業員の多くはSONYへ移ると言うのだ。これならSONYの新しいカメラ事業にも期待が持てそうだ。ミノルタ時代の優秀な技術者がSONYの莫大な開発費を使って良いカメラ、レンズを先導して作ってくれることを祈るばかりである。


時に、共に写真で成長してきたコニカとミノルタだが、そこからカメラを取ってしまったら何が残るのだろうか。もはや知る由もない。


近況報告(AM4:00)

並列計算に関する研究をしているため、学校でしか論文を書くことができず、今日も研究室で夜を明かすことになりそうだ。もちろん布団などという贅沢なものはないため、眠たくなったら椅子を三つ四つ並べて仮眠する。椅子の背もたれを左右に交互に並べると椅子から落ちることがなくて良い(笑)そういや今日はセンター試験前日だっけ?確か学校へは立ち入り禁止だったような(ーー;まあ知らなかったということで。

研究は2月中旬まで続く予定で、本当は記事を書いている暇など全くないはずなのだが、コニミノユーザとしてはどうしてもこれだけは書いておかなければいけない気がした。

写真   

投稿者 waku : 06-01-20 04:07 | 写真»カメラ , 日常 | トラックバック (1) | コメント (8)

November 22, 2005

Pixmantec RawShooter essentials 2005 日本語化パッチ+αSweet Digital対応

編集

RawShooter essentials 2005

Pixmantec RawShooter essentials 2005(日本語化済)

RAW現像ソフトはカメラメーカ純正のものが一番信頼できるのだが、動作が重い、値段が高いなど不満な点も多い。事実、コニカミノルタの現像ソフトDimage Masterは、カメラに付属していたLite版ですら使うのが嫌になるくらい重く、撮影時の情報を読み取るくらいにしか使えなかった。

その他のサードパーティー製のRAW現像ソフトに以下のようなものがある。

・Adobe Photoshop CS2
・Adobe Photoshop Elements 4.0
・SILKYPIX Developer Studio 2.0
・Pixmantec RawShooter essentials 2005

上の3つは言わずと知れた有名ソフトでプロも使用している。しかし、値段も結構するため初心者には敷居が高い。そこでお勧めするのが"Pixmantec RawShooter essentials 2005"である。このソフトはフリーソフトながら機能も豊富で動作も大変キビキビとしている。特に現像処理をしながらでも他の操作ができるBatch Convert機能、現在の現像設定を他のRAWに一瞬で適用するコピー機能などを備え、旅先で撮った大量のRAWファイルを素早く現像できるのである。ただ、日本語ローカライズがない、αSweet Digitalに対応していないのが残念だ。そこで自ら日本語化+αSweet Digital対応パッチを作成してみた。このパッチをRawShooterをインストールしたフォルダに入れて実行すればこれらの不満が一瞬で解消する。パッチのダウンロードは以下の専用ページへ。

Pixmantec RawShooter essentials 2005 日本語化パッチ専用ページ

専用ページでも紹介しているが、RawShooter essentials 2005についての詳しい説明は以下のサイトが参考になる。

写真   

投稿者 waku : 05-11-22 03:25 | 写真»カメラ , PC | トラックバック (6) | コメント (195)