November 22, 2005

RAW形式へのススメ

編集

デジタルカメラの保存形式にRAW形式というものがある。これはカメラによって画像処理されてJPEGなどに変換される前の形式である。内部形式故にカメラーメーカ、機種によっても形式が異なり、それらをPC上で(JPEG、TIFFなどに)現像するソフトも対応がまちまちだ。純正の現像ソフトが最もカメラの現像処理に近い処理を行うのだが、ソフトベンダーはカメラ発売後に解析して対応するため、現像ソフトによって色作りが左右してしまう。しかし、設定を煮詰めればどのソフトも自分好みの現像が可能である。

このように聞くとカメラのJPEG画像をレタッチソフトで編集すれば良いと思うかもしれない。しかし、JPEGがRGB各色8bitに対してRAWは12bitであることが殆どである。つまり、RAWならそれだけ豊かな諧調表現ができるということだ。その表現力を持っていることで、撮影後のソフトウェア露出補正も白飛びや黒潰れが起きにくい。また、不可逆圧縮されていないため、JPEGのように圧縮によってディティールが損なわれてしまったり、色が変わってしまうこともない。そしてそのような特徴を有していることで、多くのRAW形式現像ソフトが、まるでカメラで設定しているかのようにホワイトバランス調整、露出補正、ノイズリダクションなどを素早く設定できるように発展してきた。普通のレタッチソフトなら一つ一つメニューから呼び出してダイアログボックスを開いてスライダを動かしてプレビューして・・・というように結果が得られるのに時間がかかる所が、スライダ一発、プリセット一発で結果が分かるようになっている。これによりカメラ撮影時にあれこれ設定を変えなくても撮影後に納得のいくまで仕上がり具合を調整し、現像することができるのだ。(続く)

写真   

投稿者 waku : 05-11-22 03:07 | 写真»カメラ , PC

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.photoracer.net/mt/mt-tb.cgi/329

コメント

Commented by POE : 2005年11月22日 07:59

RAWの味方オートブラケットを試したいと思っていますが・・・
チャンスが無く( ; ゚Д゚)
面倒なのでそのままいってしまいます。
現像ソフトPicasa2もいかがですか、無料ですが設定少ないです(笑)

Commented by waku [TypeKey Profile Page] : 2005年11月23日 00:37

>POEさん
Picasa2でもαSDのRAW現像はできるのですが、デフォルトの色が極端に地味なのと、設定項目が少なすぎるということで現像には使っていません。でもJPEGとRAWをサムネイルで見られるのでビューアとしては大活躍です^^