January 29, 2006

鳥になりたい

編集

トリミング加工

トリミング加工
KonicaMinolta AF50mm F1.7

12月下旬、名古屋港にてカモメを撮影した。
動体撮影に全く慣れていないので苦戦して、ピンズレ写真大量生産。
でもこういうのは数をこなさないと上手くならない気がする。もっと練習しなくちゃ。

水族館での様子は後ほどお伝えしようと思う。

写真   

投稿者 waku : 06-01-29 11:56 | 写真»動物 | トラックバック (0) | コメント (6)

January 28, 2006

名古屋能楽堂にて

編集

300mm 1/5sec f5.6 ISO400 ゲインアップ

100mm 1/50sec f2.8 ISO400 トリミング&ゲインアップ

1月8日、友人に撮影を頼まれて名古屋学生能楽連盟第50回学生能・狂言の会というのに行ってきた。 能の舞台を見るのは初めてで、内容を予め聞いていなければどういう展開をしているのか全く分からなかっただろう。皆、表情は真剣そのもので見ているこちらも緊張してしまった。

当日三脚を忘れてしまい、タム70-300mm(暗い)とミノ100マクロを使い分けながら壁や柱で防振しつつ撮った つもりだったのだが、帰って見てみると手ぶれ写真を量産しててがっかり!能楽部の方スイマセンスイマセン(T-T)

以下扇対決(嘘)

100mm 1/30sec f2.8 ISO400 トリミング&ゲインアップ
童子「え〜〜〜い!」

100mm 1/30sec f2.8 ISO400 トリミング&ゲインアップ
坂之上田村麻呂「そんな攻撃が俺様に通用するかっっ!たぁ!」

ごめんなさい。本当はこんなこと言いません。

実際はもっと素晴らしい演技でした。

写真   

投稿者 waku : 06-01-28 15:47 | 写真 | トラックバック (0)

January 20, 2006

コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業から全面撤退

編集

先日、コニカミノルタのデジ一眼を持つ身としては手痛いニュースが報道された。

レンズを既に5本(内1本は売却)購入し、これからαマウントと共に心中するしかないと思っていた矢先の出来事で、これを知ったときは流石に唖然としてしまった。
※コニカミノルタ製レンズ交換式カメラとレンズをつなぐための規格

SONYがコニカミノルタのカメラ資産を引き継いで、今後αマウントのデジ一眼を開発していくことが表明されたが、これも手放しに喜ぶことができるはずがない。レンズあってのデジ一眼であり、いくら本体が素晴らしくてもレンズのラインナップが不足していれば意味がない。最も現状では、コニカミノルタはタムロンのOEMレンズばかり出しており、ミノルタ時代の良いレンズは次々とディスコンとなっているため、コニカミノルタのままではαマウントの存続が危うかったのだろう。

しかし、日経のコニカミノルタ社長の一問一答を読んで少し安心した。コニカミノルタで解雇された従業員の多くはSONYへ移ると言うのだ。これならSONYの新しいカメラ事業にも期待が持てそうだ。ミノルタ時代の優秀な技術者がSONYの莫大な開発費を使って良いカメラ、レンズを先導して作ってくれることを祈るばかりである。


時に、共に写真で成長してきたコニカとミノルタだが、そこからカメラを取ってしまったら何が残るのだろうか。もはや知る由もない。


近況報告(AM4:00)

並列計算に関する研究をしているため、学校でしか論文を書くことができず、今日も研究室で夜を明かすことになりそうだ。もちろん布団などという贅沢なものはないため、眠たくなったら椅子を三つ四つ並べて仮眠する。椅子の背もたれを左右に交互に並べると椅子から落ちることがなくて良い(笑)そういや今日はセンター試験前日だっけ?確か学校へは立ち入り禁止だったような(ーー;まあ知らなかったということで。

研究は2月中旬まで続く予定で、本当は記事を書いている暇など全くないはずなのだが、コニミノユーザとしてはどうしてもこれだけは書いておかなければいけない気がした。

写真   

投稿者 waku : 06-01-20 04:07 | 写真»カメラ , 日常 | トラックバック (1) | コメント (8)

January 01, 2006

謹賀新年

編集


KonicaMinolta AF 50mm F1.7

明けましておめでとうございます。

昨年九月に写真メインのブログへと変更して以来、それまでとはまた違ったブロガーの方々とお知り合いになれたことは、この上ない喜びであります。また自転車ブロガーの方々の詳細なポタリング日記などを見ていると、まるで自分がそこに行ったかのような気分を味わえ、同時に自分も頑張らねばと喚起されたりもしていました。そして皆さんのコメントや、素晴らしい写真にも触れることができ、本当に楽しい日々を過ごせました。

本年度もどうぞ宜しくお願いいたします。

写真   

投稿者 waku : 06-01-01 23:59 | ご案内 | トラックバック (0) | コメント (6)